オンラインショップ
電話問い合わせ
Web問い合わせ
SDGs(エスディージーズ)とは?
SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
地方創生SDGs
官民連携プラットフォーム
ジャパン・プラスはSDGsの国内実施を推進するため内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画しています。
「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」を通じて、課題や将来像を共有、協力し、より一層、地方創生に広く貢献してまいります。
ジャパン・プラスが
SDGsと共に取り組む 7つの目標
取り組み紹介
特別支援学校への教材提供

■ジャパン・プラスは、王子特別支援学校様の生徒の皆様に、弊社の製品「BOXEL」のヒンジの組み立て作業を定期的に依頼させていただいています。

■1年に一度の発表会に弊社の製品「KAMIPEN」ノック式機構の組み立て作業を教材として提供させていただいています。

詳細を見る
環境活動への取り組み

■ISO14001に基づいた環境目標を定め、3R(Reduce,Reuse,Recycle)活動に力を入れています。弊社の定義において再生可能な資源ゴミは、単なる『ゴミ』ではありません。工場で生産時に生じる資源ゴミは、ルールに従い細かく分別をしています。その分別された資源ゴミをマニフェストが発行可能な業者に回収を依頼し、その殆どがリサイクルされています。

■品質環境マニュアルで開示しています品質環境方針に従い、会社全体で資源環境保護、環境汚染防止に取り組んでいます。

詳細を見る
全工場LED照明に切り替え

■3拠点、全ての工場の照明器具をLED照明に切り替えることで、消費電力の削減(=CO2の削減)を実現しました。
蛍光灯の交換作業時間の短縮や、廃棄手続き(通常の産業廃棄物として処理されないため)が不要になり、コスト削減にも繋がっています。

詳細を見る
バイオPETシートの製造

■原材料の一部を植物由来の原料を使用する事により、石油由来のものと比べCO2の排出量を低減した地球環境に優しい材料を製造しています。PET樹脂組成の最大30%を植物由来で構成することが可能です。

■徹底した品質管理(ISO9001)もと、弊社のベトナム工場で製造をしています。

詳細を見る
KAMIPENの取り組み

■再生紙の紙管でできたエコ商品『紙ペン』を製造しています。
シルク印刷(名入れ)とフレキソ印刷(本体カラー)は水性インキ、紙管の紙を止めている糊はカゼイン(ミルク由来の天然素材)、ノック式のプラスチック部は再生ABSを使用しています。
一般のプラスチック製ボールペンに比べ、約93%のプラスチックを削減(当社測定比)することが可能です。

詳細を見る
お問い合わせ

御見積のご依頼や、サービスに関するご質問やご相談、資料請求などはお気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ(※受付時間 平日8:00〜17:00)

03-3912-5131

お電話でお問い合わせ

受付時間 平日8:00〜17:00
Webでお問い合わせ お問い合わせ